川西赤十字病院

病院のご案内
患者の皆様へ
医療関係の方へ
地域の皆様へ
病院からのお知らせ
医師・看護師募集

ホーム>病院のご案内>概要・沿革

基本理念概要・沿革医師紹介交通案内
病院概要

−沿革−

昭和6年に当院は本牧村外9ヶ村川西伝染病院組合により設立されました。戦時中は陸軍士官学校が本牧村に疎開しており当院はその医務室を兼ねました。
終戦と共にこの地域に医療機関がなくなり、当地方の患者は小諸或いは上田と遠隔の地に医療を求めなければならない状況におかれました。
その中、組合当局からの要請もあり、当時日赤長野県支部は災害救助の拠点としてこの地域に病院を開設する運びとなりました。
当初は診療所として発足しました。昭和23年5月病院として業務を開始しました。

当院は、旧川西地区唯一の入院施設を有する病院であり、赤十字病院であることを自覚し「地域の病院として患者様・家族の皆様に親切、丁寧、笑顔で対応し、気軽に受診できる病院」を目標に地域の皆様と共に歩んでいます。

昭和6年

6月

 北佐久郡本牧村外9ヶ村川西連合組合伝染病院開設

昭和7年

9月

 北佐久郡本牧村外9ヶ村組合立川西連合病院設立

昭和23年

5月

 日本赤十字社長野県支部に運営を移管(33床)

昭和32年

1月

 一般病棟改築工事(木造)(一般71床・伝染12床)

昭和42年

4月

 伝染病棟改築工事(鉄筋)(一般71床・伝染12床)

昭和43年

12月

 一般病棟一部改築工事(鉄筋)(一般71床・伝染12床)

昭和56年

4月

 伝染病棟の統廃合により廃止(一般71床)

昭和59年

3月

 一般病棟一部改築工事(一般80床)

昭和60年

4月

 開設許可事項の変更許可(一般71床)

昭和61年

10月

 一般病棟改築工事完成(鉄筋・一般97床)

昭和62年

6月

 人間ドック開始

平成1年

9月

 眼科開設

平成2年

11月

 訪問看護実施

平成4年

9月

 出張診療開始(望月町春日診療所)

平成8年

12月

 訪問看護ステ−ション開設

平成10年

3月

 無菌手術室(クリーンルーム)改築工事

平成11年

9月

 指定居宅介護支援事業者認定

平成12年

3

 リハビリ棟完成

平成13年

10月

 院外処方箋開始

平成15年

10月

 病院開設許可事項の変更(一般48床・療養36床)

平成20年

12月

 レセプトオンライン請求開始

平成25年

11月

 病院開設許可事項の変更(一般37床・療養47床)

平成27年

1月

 地域包括ケア病床(8床)

平成27年

6月

 地域包括ケア病床(13床)

平成28年

8月

 地域包括ケア病床(17床)

−施設の概要−

所在地

長野県佐久市望月318

診療科目

内科・外科・整形外科・眼科・リハビリテーション科・リウマチ科・循環器科・消化器科

許可病床

一般43床(地域包括ケア病床17床)療養41床/計84床

特殊診療機能

人間ドック

特殊診療等指定状況

保険医療機関(県)/労災保険指定病院(国)/覚醒剤施用機関(県)/戦傷病者特別援護法指定病院(国)/生活保護法医療機関(県)/公的医療機関指定病院(国)/結核予防法医療機関(県)/救急告示指定病院(県)

施設基準

(平成29年3月現在)

一般病棟

入院基本料10:1
入院時食事療養費(I)
一般病棟看護必要度評価加算3
地域包括ケア病棟入院医療管理料1
看護職員配置加算(50対1)

療養病棟

入院基本料1
療養病棟環境改善加算1
入院時生活療養(I)
救急在宅等支援療養病床加算
褥瘡評価実施加算

その他

診療録管理加算2
救急医療管理加算・乳幼児救急医療管理加算
重症者等療養環境特別加算
医療安全管理対策加算2
後発医薬品使用体制加算1
がん治療連携指導料
薬剤管理指導料
検体検査管理加算(U)
CT撮影及びMRI撮影
脳血管リハビリテーション料(U)【初期加算】
運動器リハビリテーション料(V)【初期加算】
呼吸器リハビリテーション(U)【初期加算】
人工関節置換術、輸血管理料(U)・適正使用体制加算
外来リハビリテーション料
感染防止対策加算2
救急搬送患者地域連携紹介加算
救急搬送患者地域連携受入加算
総合評価加算
退院支援加算1
データ提出加算
認知症ケア加算2
在宅患者訪問褥瘡管理指導科

−付帯施設−

川西赤十字訪問看護ステーション/指定居宅介護支援事業所

 

このページの先頭へ↑


ホームお問い合わせ関連リンクサイトマップ個人情報の取り扱い

川西赤十字病院